ランドセルメーカー一覧

モギカバンランドセルの口コミ・評判|本革の美しさが好評

モギカバンランドセル

モギカバンは1929年創業の老舗ブランド。
本革の美しさに定評があり、風合いや色合いに徹底的にこだわったランドセルを製作しています。

本記事ではモギカバンランドセルの口コミや評判を徹底調査しました!

人気モデルデメリット(注意点)も解説しているので、ランドセル選びに失敗しないためにもぜひ参考にしてくださいね。

モギカバン最新情報

年中さんへ
2024最新モデルの最新カタログ請求がスタート!
ランドセルのサンプル貸出サービスも実施しています(2023年2月16日〜)。

無料カタログ請求

年長さんへ
完売・品薄モデルが多数発生中。お求めの方は早めの予約がおすすめです。

モギカバンランドセル 公式サイトへ

モギカバン以外も比較したい方は本当におすすめのランドセルランキングをチェックしてくださいね!

モギカバンランドセルの口コミ・評判

実際にモギカバンを購入した方の口コミや評判を徹底調査したところ、

  • 細部まで丁寧なつくりで感動した!
  • 本革の美しさが購入の決め手になった
  • 気になる色がたくさんあってひとつに絞るのが難しかった

などの声が目立ちました。

具体的な口コミや評判をひとつずつ紹介しますね!

「たくみプレステージスムース」購入者の口コミQ.どんなところが気に入った?

A.特に下記の3点が気に入りました。

  1. 高級感ある見た目
  2. アメ豚一枚通し総内張り物の出し入れがスムーズ
  3. 本革だけど重さがさほど気にならなかった

Q.気になった点や不安な点は?

A.購入前、モギカバンの防水加工に関する情報は公式HPにさりげなく載っている程度だったので不安がありましたが、水気をさっと拭くだけでダメージもなくキレイな状態を保っています。雪国での使用でも全く問題ありませんでした。

Q.実際に使ってみてどうだった?

A.毎日持参する水筒もランドセルの中に入ります。特に雪道では転倒することが多いので、両手を自由にして歩けることで危険がなく安心しています。

サンプルを試した時は少々ランドセルが大きく感じましたが、入学時には背も伸びて1人で背負うのもすぐ慣れました。

他の子で肩ベルトがずり落ちているのを見かけることがありますが、うちの子はきちんと背負えておりしっかり身体にフィットしているようです。

取材協力『zenzero.blog』

ゴールドの刺繍やブロンズの金具、ゴールドの刻印など洗練された高級感がありますね!

雪国にお住まいのため防水加工が気になったとのことですが、雪の後でも簡単お手入れでキレイな状態を保てているとのことです。

モギカバンランドセルの公式サイトへ

こちらはモギカバンのコードバン製ランドセルを購入した方の口コミ。
ランドセルを背負った横からのお写真を見ると、縫製が非常にしっかりとしていて美しい仕立てになっているのが伝わってきます。

コロナの影響で展覧会に行けず実物を見ないまま購入したけれど、期待通りの素晴らしいお品だったとのことです^^

桜と一緒に撮影したお写真が雰囲気たっぷりでとっても美しいですね。
ファスナーがちょうど良いアクセントになって、上質な本革素材と縫製の美しさが際立っています。

ユニバーサルシリーズのブラウンを購入された方の口コミです。色々なランドセルを見た上で娘さんご本人が購入を決められたそうで、自宅に届くのが楽しみですね。


息子さんとママさんの好みがピッタリ合致したという声です。深みのあるカラーにステッチがアクセントになっていて素敵ですね。


こちらの方が仰っている通り、手作りで丁寧な仕立てにこだわり抜いているモギカバン。
ランドセルはたくさんの種類があるので本当に目移りしてしまいますよね。


モギカバンでは、コードバンはもちろん牛革のランドセルも大人気。
本革素材の質に徹底的にこだっているため、牛革でもコードバンのような滑らかな美しさを感じますよね。

モギカバンの口コミや評判を徹底調査しましたが、悪い口コミは見あたりませんでした。

素材や仕立てにこだわった高品質なランドセルなので、購入を迷っている方も安心してくださいね。

追記)
品薄のモデル・カラーが続々と出てきています。在庫残り1点のお品も多数(2022年8月4日執筆時点)。

モギカバンのランドセルが気になっている方は、下記ボタンをクリックして公式サイトからお早めにご注文ください。

モギカバンランドセルの公式サイトへ

モギカバン人気のおすすめモデルBest3

モギカバンランドセルの中でも特に人気のモデルを紹介します。

モギカバンの魅力である下記3つを満たす人気おすすめモデルをピックアップしたので、どのモデルにするか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!

  1. 内装が「アメ豚一枚通し・総内張り」
  2. 名入れサービス付き
  3. 背当てがソフト牛革

※モギカバンの最高級モデル「コードバン マエストロ」も上記の基準を全て満たしますが、2023年度ご入学者用はすでに全色完売のため除きます(2022年8月4日執筆時点)。

第1位:コードバン プレステージLE

コードバン プレステージ LE

モギカバンの人気モデル第1位は、最高級の材料を惜しみなく使って仕立てた「コードバンプレステージLE」

美しい佇まいで存在感あるランドセルです。

通常であれば人工皮革を用いることが多い「持ち手」の部分まで牛革で仕上げ。

素材にこだわった分 約1,590gと重めですが、ウィング背カン(※)により背負った時の負担が軽減されるよう計算されているので、小柄なお子さまでも心配ありませんよ。

ウィング背カン(※):
背中とランドセルが密着するよう設計された、ランドセル本体と肩ベルトをつなぐ重要パーツ

クロ/クロ・クロ/ゴールドは各30本、その他カラーは各20本の数量限定販売です。

各色在庫残りわずかなため、狙っている方は下記ボタンをクリックして早めに公式サイトから注文してくださいね。

追記)
「ブラウン/ゴールド」は完売(2022年8月3日時点)

コードバン プレステージLEをチェック

価格(税込) 117,700円
本体素材
  • かぶせ:コードバン
  • 本体:牛革
重さ 約1,590g
サイズ A4フラットサイズ対応
内寸:縦305mm×横232mm×奥行125mm
カラー 全13色

  • クロ/クロ(限定30本)
  • クロ/ゴールド(限定30本)
  • キャメル/ブラウン(限定20本)
  • オーキッドローズ/ピンク(限定20本) など

第2位:たくみ プレステージ スムース

たくみ プレステージ スムース

人気モデル第2位は、滑らかな牛革スムースを使用した「たくみ プレステージ スムース」。

美しい牛革素材にアンティークゴールドの金具がマッチして気品が溢れています。

上質な牛革ランドセルをお探しの方におすすめのモデルです。

完売カラーが続々と出ているので、気になる方は公式サイトから早めに予約してくださいね。

追記)
「ブラウン/ゴールド」「バーガンディ/ピンク」は完売(2022年8月3日時点)

たくみ プレステージ スムースをチェック

価格(税込) 82,500円
本体素材 牛革スムース
重さ 約1,490g
サイズ A4フラットサイズ対応
内寸:縦305mm×横232mm×奥行125mm
カラー 全13色

  • クロ/クロ
  • クロ/ゴールド
  • キャメル/ブラウン
  • オーキッドローズ/ピンクなど

第3位:たくみ プレステージ ボルサ

たくみ プレステージ ボルサ

人気モデル第3位は「たくみ プレステージ ボルサ」。

ソフトシルバーの金具がすっきりとした印象。

下記の3色のみ、かぶせ部分の鋲がハート型になっていてキュートですよ。

  1. カーマインレッド/アカ
  2. オーキッドローズ/ピンク
  3. キャメル/ブラウン

全12色展開ですが、各色残りわずかなため早めに公式サイトをチェックしてくださいね。

追記)
「ウルトラマリン/マリン」「キャメル/キャメル」は完売(2022年8月3日時点)

たくみ プレステージ ボルサをチェック

価格(税込) 77,000円
本体素材 牛革ボルサ
重さ 約1,400g
サイズ A4フラットサイズ対応
内寸:縦310mm×横232mm×奥行125mm
カラー 全12色

  • クロ/クロ
  • クロ/ゴールド
  • キャメル/ブラウン
  • オーキッドローズ/ピンク など

モギカバンランドセルの特徴

  • 本革素材へのこだわりと美しい仕立て
  • 高い機能性(ワイドポケット、ウィング背カンなど)
  • 防水加工で安心

モギカバンのランドセルの特徴は、本革素材の質に徹底的にこだわっているところ。
本革の美しい色合いや風合いに魅了されて購入を決める方が多くいらっしゃいます。

使い込むと飴色に変化する「アメ豚」を一枚通しで内装に使っているのも珍しいポイント。

詳細は記事後半の人気の理由で詳しく紹介しますね!

モギカバンランドセルの基本情報

モギカバンランドセルの基本情報
価格帯 5万円〜19万円台
素材 人工皮革、牛革、コードバン
重さ 約1,160g〜1,690g
サイズ A4フラットサイズ対応
カラー 全38色
オーダーメイド
保証制度 6年間保証

モギカバンのランドセルは税込5万円台半ばから購入可能。

特に人気なのはコードバン(馬のお尻の革)と牛革を使用したランドセルとなっています。

モギカバンランドセルが人気の理由5つ

モギカバンが人気の理由を5つに絞って簡単に紹介します。

  1. 本革素材へのこだわり
  2. 職人による丁寧な仕立て
  3. 高い機能性(ワイドポケット、ウィング背カン)
  4. 防水加工
  5. 名入れサービス

①本革素材へのこだわり

本革素材への徹底的なこだわり

美味しい料理は、新鮮な食材があってこそ。上質なランドセルも、本物の革があってこそ。

公式サイトにも記載があるように、モギカバンのランドセルは素材に徹底的にこだわって作られています。

モギカバンの主力商品は本体素材に牛革とコードバンを使ったランドセル。

コードバンはヨーロッパから輸入した最高級の革を使っています。

「牛革スムース」も有名で、滑らかな表面、深みのある色、光沢に定評があります。

②職人による丁寧な仕立て

アメ豚一枚通し総内張りモギカバンのランドセルは職人がひとつひとつ丁寧に製作しています。

仕立ての丁寧さが際立つのは、使い込むと飴色になる「アメ豚」を使った一枚通しの内装。

これは他の工房系ランドセルでは滅多に行っていない仕立てです。

かぶせ部分と本体に継ぎ目がなく教科書の出し入れがスムーズな上、ゴミが溜まりにくいのも嬉しいポイントです。

③高い機能性

機能性モギカバンのランドセルは使いやすい工夫が各所に施されています。

ウィング背カンがついているため、本革製でありながら、軽く感じやすいです。反射鋲や反射材も各所につけられています。持ち手もついているので、ちょっと持つときにも便利。

前ポケットがワイドなつくりになっているのも嬉しいポイント。

A4フラットサイズ対応かつ大マチの幅がしっかりあって大容量なのも人気の理由です。

その他にも

  • 防犯ブザーDカン
  • ワンタッチ錠前
  • 時間割ポケット
  • ミラクルロック

と工房系ランドセルに不足しがちな便利さも兼ね揃えています。

④防水加工

防水加工モギカバンのランドセルは全て防水加工が施されています。

雨の日は、特に低学年のうちは傘をさしても背中(ランドセル)側がびちょびちょになって帰ってくることも…

防水加工のモギカバンランドセルなら、乾いた布で水気を拭き取り自然乾燥するだけでOKなので雨に濡れても安心です。

⑤名入れサービス

モギカバンの牛革とコードバンのランドセルは、内側のアメ革部分に無料で名前を入れてもらえます。

お子さまの名前が入ることで、いっそう愛着が湧いて6年間大事に使ってもらえそうですね。

目的別 モギカバンのおすすめモデル

ここからは、目的別にモギカバンのおすすめモデルを紹介します。

「せっかくモギカバンのランドセルを買うなら最新モデルがほしい」、「うちの子は小柄なのでなるべく軽めのモデルを探している」など外せないポイントがある方はぜひチェックしてくださいね。

2023最新モデルから選ぶ

モギカバンの2023年最新モデルはこちらの3つ。

それぞれ簡単にご紹介しますね。

①たくみ スタンダード クラシコ ドゥエ

たくみ スタンダード クラシコ ドゥエ

クラシカルな美しさが魅力の「たくみ スタンダード クラシコ ドゥエ」。
各色在庫残りわずかなので、気になる方はお早めにご注文ください。

たくみ スタンダード クラシコ ドゥエ

価格(税込) 68,200円
本体素材 牛革クラシコ
重さ 約1,340g
サイズ A4フラットサイズ対応
内寸:縦315mm×横235mm×奥行125mm

②たくみ プレミアム ドゥエ

たくみ プレミアム ドゥエ人工皮革(クラリーノエフ)を使ったランドセルです。
落ち着いた色味の6色展開。

追記)
「コン/キャメル」「グリーン/キャメル」は完売(2022年8月4日時点)

たくみ プレミアム ドゥエをチェック

価格(税込) 58,300円
本体素材 クラリーノエフ/つや消し
重さ 約1,160g
サイズ A4フラットサイズ対応
内寸:縦315mm×横235mm×奥行125mm

③ユニバーサル リセ

 ユニバーサル リセパリの街からインスパイアされた色味の牛革ボルサを使用した「ユニバーサル リセ」。
おしゃれな女の子にぴったりのランドセルです。

内装も大きめのドット柄でキュートなので、パステル系カラーをお探しの方は公式サイトでぜひ細部もチェックしてくださいね。

ユニバーサル リセをチェック

価格(税込) 72,600円
本体素材 牛革ボルサ
重さ 約1,390g
サイズ A4フラットサイズ対応
内寸:縦310mm×横235mm×奥行125mm

軽さで選ぶ(比較表あり)

最軽量モギカバンは「ウィング背カン」によって背負った時に負担がかかりにくいよう設計されていますが、それでも小柄なお子さまの場合ランドセルの本体重量は気になりますよね。

そんな方におすすめなのは、最軽量モデルの「たくみ プレミアム」と「たくみ プレミアム ドゥエ」。どちらも本体重量 約1,160gです。

軽い順に3つのモデルをまとめたので比べてみてくださいね。

モデル名 重さ 本体素材
たくみ プレミアム(最軽量) 約1,160g クラリーノエフ
たくみ プレミアム ドゥエ(最軽量) 約1,160g クラリーノエフ/つや消し
プリズミックスシリーズ(女児向け) 約1,230g
  • クラリーノ エフ
  • クラリーノエフ/レミニカ

価格(安さ)で選ぶ(比較表あり)

たくみ プレミアムモギカバンランドセルの価格は本体素材に何を使用しているかによって大きく変わります。

コードバンや牛革は本革素材の質にこだっている分価格が上がりますが、人工皮革(クラリーノ)製のランドセルは比較的お得な価格帯。

モギカバンは仕立てが非常に美しいので、人工皮革(クラリーノ)製でも十二分に魅力的です。

価格がお安い順に3つのモデルを表にまとめたので参考にしてくださいね。

モデル名 価格(税込) 本体素材
たくみ プレミアム 55,000円〜56,100円 クラリーノエフ
ユニバーサルプレミアム 56,100円〜61,600円
  • クラリーノタフロックネオ
  • クラリーノエフ
たくみ プレミアム ドゥエ 58,300円 クラリーノエフ/つや消し

モギカバンのデメリット・注意点5つ

モギカバンの口コミや評判を調査した際、「他のブランドにすればよかった」「モギカバンランドセルを購入して後悔している」といった声は見あたりませんでした。

でも、お子さまの大事なランドセル選びは失敗したくないですよね…懸念点が少しでもあるなら潰しておいた方が安心です。

そこで、モギカバンランドセルを購入する際のデメリットと注意点についてもあえて挙げて解説します。

下記の5点をおさえていただければ、より満足のいくランドセル選びにつながるでしょう。

ひとつずつ簡単に説明しますね。

①早期割引は実施していない

モギカバンでは、フィットちゃんセイバンなどの大手メーカーと異なり、早期割引キャンペーンは一切行っていません。

早めに購入を決めてもお得感を得られないのがデメリットに感じる方もいらっしゃるでしょう。

②生産数が少なく人気モデルはあっという間に完売

モギカバンのランドセルは職人が1点ずつ丁寧に製作しているため、生産数が少なく人気モデルはあっという間に完売します。

ラン活のスタートが遅めだと、狙っているモデルやカラーが手に入らない可能性があるので注意が必要。

ちなみに、最高級人気モデルの「コードバンマエストロ」の場合、2022年3月に発売開始して5月には一部カラーが売り切れ。7月下旬の確認時点では全色完売となっています。

その他モデルも人気カラーから順次品薄になっていきます。

【現在 お子さまが年少〜年中さんの方へ】

狙っているモデルを確実におさえるためには、年長さんの4月中には公式サイトをチェックしておくのがおすすめです。

今なら人気モデルでもまだ在庫があるので、公式サイトから早めに注文するのが賢明ですよ。

モギカバンランドセルの公式サイトへ

③本革素材ランドセルは重め

モギカバンの主力ランドセルは、コードバンや牛革を使用したモデルのため、その分重量が重くなります。

ウィング背カン」のおかげで体感重量は軽くなるものの、通学時間が長いお子さまや小柄なお子さまの場合、重さは気になるところでしょう。

本革素材にこだらないのであれば、人工皮革を使用した軽いランドセルもあるので合わせて検討してみてくださいね!

④名入れサービス特典がないモデルもある

名入れサービスモギカバンの名入れサービスは、コードバンと牛革を使用した下記のモデルのみが対象です。

そのほかのモデルには名入れサービス特典はついていないので注意しましょう。

▼名入れサービス対象モデル

  • コードバン マエストロ
  • コードバン プレステージ LE
  • コードバン プレステージ
  • たくみ プレステージ スムース
  • たくみ プレステージ ボルサ

⑤背当てがU字型のモデルは蒸れやすい

U字型の背当ては蒸れやすいモギカバンランドセルでは、多数のモデルで背当てが「U字型」になっています。(「たくみ プレステージスムース」など一部はX字型)

U字型の背当ては、Y字型やX型の背当てと比べると通気性が若干悪く蒸れやすいというデメリットがあります。

ただ、下記モデルについては通気性に優れたX字型の背当てになっています。

汗っかきのお子さまの場合は、X字型の背当てを選ぶのがおすすめですよ。

▼背当てがX型(通気性◎)のモデル

  • コードバン マエストロ
  • コードバン プレステージ LE
  • コードバン プレステージ
  • たくみ プレステージ スムース
  • たくみ プレステージ ボルサ

モギカバンランドセルに関するQ&A

モギカバンランドセルに関するよくある質問をまとめました。

モギカバンランドセルはどこで買うのがおすすめ?

MOGIモギカバンランドセルは公式サイトで購入するのがおすすめです。

その理由は、公式サイトだと各モデルの在庫状況がリアルタイムで確認できるから。

実店舗が近くにある方は、実際に触れてから公式サイトで購入するとイメージに相違がなくなるのでよりおすすめですよ。

ただ「実物を見ないまま購入したが期待通り大満足」という口コミもあったので、公式サイトでお気に入りを見つけて注文に進む流れでも心配ないでしょう。

モギカバンランドセルは壊れやすい?

補強材

モギカバンのランドセルは、大マチの入り口に型崩れ防止の補強材がしっかり入っています。

長持ちするよう丈夫に作られているので「壊れやすい?」という心配はいりません。

モギカバンランドセルはいつ頃売り切れる?

モギカバンランドセルには、売り切れが特に早いモデルがあります。

2023年度入学者向けの最高級人気モデル「コードバンマエストロ」の場合、2022年3月に発売開始して5月には一部カラーが売り切れ。7月下旬の確認時点では全色完売となっています。

その他ランドセルについては、人気モデルの人気カラーから続々と完売しています。在庫残り1点のモデル・カラーも多数出てきている状況(2022年8月4日執筆時点)。

2022年の秋頃には、2023年度入学者向けランドセルが全モデル・カラーで完売になるかもしれません。

モギカバンランドセルは自宅で試着できる?

サンプル貸出サービス「サンプル貸出サービス」を利用すればモギカバンのランドセルを自宅で試着できます。

おひとりさま1点に限り、ランドセルのサンプルを自宅に郵送してもらえますよ。

詳細は公式サイトのサンプル貸出サービスページをご確認の上、お申し込みください。

モギカバンランドセルはリメイクできる?

ランドセル時計

モギカバンでは、6年間使ったランドセルを時計にリメイクできます。

他社製品のランドセルでも注文可能。制作費用は税込12,100円です。

ランドセル時計ご注文にあたっては下記点にご注意ください。

  1. 制作に1〜2カ月ほどかかる
  2. 制作費用ほかに送料がかかる(送料は地域によって異なる)

詳細はこちらのページをチェックしてくださいね。

モギカバンランドセルの店舗情報

モギカバンランドセルの店舗情報をまとめました。

お近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗名 住所 電話番号
桐生本店 群馬県桐生市本町5-369 0277-22-3824
足利店 栃木県足利市朝倉町245-5
アピタ コムファーストS.C.2F
0284-71-4543
太田店 群馬県太田市新田市野井町556-1
ジョイフルホンダ ニコモール1F
0276-20-9309

モギカバンランドセル4シリーズの概要

モギカバンランドセルの主力4シリーズをざっくり紹介します。

コードバンシリーズ

コードバン

最高級素材コードバンを使用した最上級シリーズ。
お高めの価格帯ながら、完売が早い大人気のランドセルです。

価格(税込):96,800円〜198,000円

※「コードバン マエストロ」は全色完売(2022年8月4日執筆時点)

たくみシリーズ

た く み

モギカバンが非常に力を入れているたくみシリーズ。「たくみ」には「匠」「巧」「工」の思いが詰まっています。

コードバン、牛革、人工皮革の3素材展開。

価格(税込):55,000円~82,500円

ユニバーサルシリーズ

ユニバーサル

キューブスタイルやミラクルロックなどの機能が標準装備されたスタイリッシュなシリーズ。

牛革ボルサのモデルと人工皮革のモデルがあります。

価格(税込):56,100円~72,600円

プリズミックスシリーズ

プリズミックス

プリズムのように光り輝く女の子向けのランドセルです。刺繍やスパンコールなどが施され、可愛らしさとエレガントさを両立。

高学年になっても使いやすいデザイン。人工皮革のみでの展開です。

価格(税込):60,500~63,800円

モギカバンランドセルはこんな方におすすめ

モギカバンランドセルは、高品質の本革ランドセルを探している方にぴったりのランドセル。

  • 本革のランドセル、とくに牛革スムースのランドセルを求めている方
  • 売り切れを想定して早めに行動できる方
  • 名入れサービスを求めている方
  • アメ豚一枚通しなど上質な仕立てに惹かれる方
  • 本革であっても軽い背負い心地を求めている方

上記に当てはまる方は、下記ボタンをクリックしてモギカバンの公式サイトを覗いてみてくださいね。

モギカバンランドセルの公式サイトへ